承知 いたし まし た かしこまり まし た。 わかりやすく説明「かしこまりました」「承知しました」「承りました」のちがいと例文

社内、社外、お客様 承(うけたまわ)りました。

Contents• 」という例文です。

9

どうしても同僚や部下に注意する必要がある場合は、「間違いではないけど、不必要なリスクは避けたほうがいいよ」といった言い方が望ましいでしょう。 一旦「かしこまりました」で切ってから内容を確認する、あるいは感謝を伝える等した方が、相手方にとても丁寧な印象を与えることができます。

「畏まりました」は漢字表記として問題はなく、メールや文書でも使用可能ですが、使用されている漢字の「畏」は音読みで「畏(い)」、訓読みで「畏(おそ)れる」というあまり日常生活では耳にしたり目に入ってこない漢字となります。

12

「承知」という言葉そのものは敬語ではありません。 伝える気持ち 相手 かしこまりました。

2.聞き入れること。

逆に目下の相手に対して「かしこまりました」を使用することはあまりありません。 」は、「私はあなたに対して失礼なことはしません。 一方、「了解しました」「了解いたしました」は、どのような人に対しても使えるため、上手く使い分けましょう。

尊敬語である「承知しました」は、公式な言葉としても使えます。 状況により、どのように慎ましいのかが違うだけです。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。

18

逆に、「了解しました」「了承しました」は目上の人に対して使うにはふさわしくない言葉ですので、注意しましょう。

12