クリンチ ノット。 (ダブル)クリンチノットの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】

ユニノットには基本形となる一度リングにラインを通してノットを結ぶ形と、2回リングにラインを通して結束をするダブルユニノットが有ります。

11

クリンチノットとは 糸をルアーやスイベル等に結ぶときに使われる最もオーソッドックスな結びです。

8

クリンチノットの強度を実測 クリンチノットの結び方ですが、 リングにラインを通し、このように巻きつけていきます。 ダブルクリンチノットの結び方を少し詳しく見ていこう! サルカンなどに2回通す この画像のように、ノットを組みたいサルカンやルアーのアイなどに 「2回」ラインを通す。 これについては、様々な人達が試していて、様々な結果が出ているものですが、私は 正直大差はないと思います。

7

クリンチノットよりも強度の強い結び方を紹介します。 また、何度か練習でノットを組んでみた時に発見したことがありました。 巻き付けた糸の先端を、ヨリモドシの輪の根元にできたループに通します。

7

これだけでは、心許ないと言う方には、ダブルクリンチノットがおすすめです。 初心者でも簡単に覚えることができ、かつ結節強度も十分であることから、まず覚えるべき結び方です。 一方で クリンチノットは、結び目の摩擦で止まっているノットです。

1

結束の容易なナイロンラインやしなやかなフロロカーボンの場合はより高い数値になることも十分予想されますね! このことから、 ノットを組む際はダブルで組んでおけば、強度の面では優位になると言えそうです。

9