トーン アーム。 トーンアームについて考える:第2弾 ハイファイ堂メールマガジン 第736号 丸の内店

製品概要 レコード再生のためにトーンアームに与えられた大切な要件は、フォノカートリッジがピックアップした音楽信号を正確にフォノアンプへ伝送することです。 ほそぼそでも続いてくれればそれでよいのですが、選択肢が減っていくのは寂しいですね。

16

本体というか根本の部分は真鍮とアルミ。 1 正常トレース時のインサイドフォース まず、普通に溝が切られたレコードをスタイラスが正常にトレースしている状態で、トーンアーム周辺の水平方向の力の関係を考えてみる。 タフピッチ銅 C1100B。

15

しかもピックアップが常にちゃんと音溝の走る方向に沿っているのを見たら、従来のアームよりずっと賢そうだと思うのも不思議はない。 トーンアームについて考える:第2弾 ハイファイ堂メールマガジン第736号 丸の内店 3月に入り急に春めいてきた東京丸の内界隈。

あんまり書くと贔屓の引き倒しになってしまうのでやめておこう。

というよりむしろ、ほとんど完璧ではないか。 こういった製品の判別の難しさに直面するのは、元箱や取扱説明書が無いことの多いヴィンテージオーディオを扱うときの"あるある"なのではないでしょうか。

6

図2-4は両方を並べて比較した図だ。 まず、S字、J字、ストレートといったアームの形状は、単なるデザイン的要素であって、ここでの考察に影響することはない。

20