東京 都 営業 自粛。 東京都、「GoTo自粛要請」正式決定 高齢者ら対象、都民割も―新型コロナ:時事ドットコム

東京都は国に、キャンセル料は利用者が負担することなく、事業者が負担するキャンセル料は札幌市や大阪市の場合と同様にすること、感染収束後には利用を控えた期間に見合うようキャンペーンを延長すること、すでに配分されている予算枠が利用できるように事業者へ配慮することなどを求めた。

要請を行う全期間(令和2年11月28日から12月17日まで)において、営業時間の短縮に全面的にご協力いただくこと• 03 19:30 国の観光支援事業GoToトラベルについて東京都は65歳以上の高齢者や基礎疾患がある人に対し旅行を自粛するよう呼びかけました。 ただ、事業の「停止」ではなく「自粛の呼びかけ」にとどまったことで、都は、効果を得るためには都民や事業者の理解が欠かせないとして、一層の協力を求めたい考えです。 都が時短要請をするのは、今春の「第1波」に見舞われた緊急事態宣言中、「第2波」の8~9月に続き3回目。

2

都外へ外出の際は感染防止策に万全を喫してほしい」と引き続きの警戒を呼びかけた。 政府は7日午前11時から分科会を開き、現在の状況について専門家から意見を聞く。 これまで全国で唯一感染者が確認されていなかった岩手県でも、初めて2人の感染者を確認した。

8

東京都内に本社・事業拠点を置く企業を中心に、従業員の感染防止など安全確保を第一に在宅勤務措置の導入を急いだ企業が多くみられる。 また、新型コロナの影響で内定取り消しを受けた学生などを対象に、追加採用選考を行う内定取り消しへの支援は、判明分で25社に上る。

7

中国国内で操業再開が相次ぐ一方、感染拡大が深刻な欧州や米国、東南アジア各国での封鎖措置が相次いでいることで、これらの地域に所在する現地工場では生産停止措置を余儀なくされている。 会議では、トラベル事業の自粛要請に伴うキャンセルを無料とするとの回答が政府からあったことも報告された。

小池百合子知事は会議後、記者団の取材に「笑顔で年末年始を迎えるためにも手段を尽くして対策を進める」と説明。 都のモニタリング会議では、坂本氏が、帰省で人と会う機会を増やすことは、「必ず感染のリスクがあるとの自覚」を持って行動するよう求めた。 また、自粛を求める対象に基礎疾患のある人が含まれていることについて、旅行会社の担当者は「客の個人情報に入りこむことなので、事業者が確認するのはハードルが高い」と話し、旅行会社が確認する場合には手続きを定めたガイドラインが必要だと訴えていました。

要請を受け、居酒屋チェーンの和民は夜10時以降の営業を中止。 Go To Eatキャンペーンについては、11月27日から12月17日の食事券の新規発行を停止。

14

13日までの申し出 キャンセル料かからず 都によりますと、「Go Toトラベル」の都内発着の旅行で65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人を対象に自粛を呼びかけることに関連し、2日、国からキャンセル料の扱いなどについて回答がありました。 30日はが190人、福岡県が過去最多の121人の感染を発表した。 3 申請受付 今後、専用のポータルサイトを立ち上げ、情報発信や申請受付への対応を予定しています。

20