アントワーヌ ユベール。 FIA、F2で発生したアントワーヌ・ユベールの死亡事故の調査を開始 【 F1

獲得ポイントは 77で8位につけていました。 関係者の話を総合すると、事故の詳細はこうだ。

9

8秒後に5番ポストでイエローフラッグが振られる前に起きている。

18

悲しいことにアントワーヌ・ユベールは死亡が確認され、ファン・マヌエル・コレアは、両足の骨折と軽度の頸椎損傷で集中治療室に入った。 アントワーヌ・ユベールさんは開幕戦でポールトゥーウィンを果たしたのです。

9

アレジの直後を走行していた ()とユベールは、アレジのマシンと破片を回避するため、とっさにターン4(ラディオン)の右側のランオフエリアにはみ出した(このエリアはアスファルト舗装されている)。 ユベールはサーキット内のメディカルセンターへ搬送されたが、現地時刻の19時過ぎにFIAから「コレアの容体が安定している」ことと、事故発生から1時間半後の18時35分にユベールの死亡が確認されたことを伝える正式な文書が発表された。

それはGP3シリーズ最後のチャンピオンであるということです。 外部リンク [ ]• アントワーヌ・ユベールは1996年9月22日フランスリオン生まれ。 レースはすぐに赤旗が宣言され、全車がピットに戻った。

16

コレアのマシンには最大65. F1界の注目の的になったと言われています。 ただ、難易度が高いということは、それだけ接触事故も起こしやすいということです。 弔辞を述べたのはプロスト氏 アントワーヌ・ユベールさんの葬儀で 弔辞を述べたのは、ルノー・スポール・アカデミーの取締役であり、4度のF1ワールドチャンピオンに輝いたアラン・プロスト氏でした。

イエローフラッグに対するドライバーの反応に不適切なものはなかったとし、マーシャルとレースコントロールの迅速な事故対応を認めている。

15