中央 バス。 22 あいの里・篠路線[北海道中央バス]のバス路線図

北広島エリア• 1980年代にグループ入りし社名を大阪国際観光バスに改称。

11

現在は岐阜ZIPANGバスという社名で事業を展開しており、こちらは主に中型・小型車両と大型スタンダード車をラインアップしている。 330HOCRをベースとして5台が導入された。 (平成27年) - ジパングの事業を継承し、株式会社ZIPANG. 本社所在地 〒571-0015 三ツ島3丁目3-33 設立 (平成13年) 事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業 代表者 竹若達史 資本金 1000万円 外部リンク 株式会社ZIPANG. 屋根上の装飾として、はとバスが導入していたスーパーバスの特徴でもあったミサイルのようなエアコンダクトを模した、バス・ロケットを設けた車両もあった。

11

をベース車種に採用している。

2軸車体と3軸車体があった。

19

また車内においてが出来ることを売りにしていたそのフリースペースは、本来の搭載位置であった。 ジパング・プレステージ(スタンダード車) [ ]• 倒産前に釧路市の同業ホテル会社へ売却。 このため、124号車は常に同社の看板車として各種カタログやパンフレットに採用され、平成5年に123号車や他のオリエントエクスプレスシリーズが除籍し払出された後も白ナンバー登録に切り替えられ、同社の管理職の個人名義扱いで大切に動態保存されていた。

16

永らくのご愛顧誠にありがとうございました。 B商事…欧州バス輸入販売総代理店でバル・インターナショナル社との合弁会社。

ZIPANG-JJ時代に、台湾経由でを導入しようとする動きもあり、現地にスタッフを派遣して車両を買い付けて日本に輸入しようとしたが、仲介をする商社との折衝中に諸般の事情により中断となった。 19追記 前橋・高崎~羽田空港線、 桐生・太田~羽田空港線においても、 9月1日(火)出発分より 一部便を運休させて頂きます。

12

280HOCRの3軸シャーシを採用した。 に最後の在籍車の2台がハレーエクスプレスとともに登録抹消された。 プレステージ 1990年導入車 1989年からにかけて合計20台が導入された。

20

特に34人乗りはほぼ全座席がボックスシート仕様となっており、しかも1ボックスごとに窓が1つと、観光バスの特徴である「景色が見やすい広い視界の窓」にあえて逆らうかのような構造で、小窓の並ぶ外観が異彩を放っており、業界を驚かせた。 この節のが望まれています。 担保となっていた車両もトップ会談で「雇用と退職金は保証する」と約束して取り戻した。

13