トヨタ gr スープラ。 トヨタ・スープラSZ

デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第19号27ページより。 開発は、欧州のモータースポーツ活動拠点である有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が担当した。 エンジンは最高出力197psもしくは258psを発生する2L直4と、最高出力340ps/最大トルク500N・mを発生するスープラ伝統の直列6気筒3Lターボを用意(2019. しかし、独自のブランドを持たず複数のメーカーの車両を同時並行で製造している。

少し湿ったようなしっとりとした6気筒サウンドは低音が響き、いつでも最適なトルクを供給できるようにスタンバイモードに入る。 スポーツモードでもサスは硬くも柔らかくもなく悪く言うとフワフワしてる。

8

なお4気筒エンジン搭載車に関しては、日本のように排気量で自動車税の税額を決定する地域に仕向けたものであり、そのような制度が存在しない北米においては展開されない。

このクルマはほっぺたを鉄の爪で引っかいた痕のようなバンパーコーナー部を持っており、C-HR GR SPORTも同様の意匠を備えている。 映画007シリーズ「007は二度死ぬ」のボンドカーにも採用された、 当時トヨタが世界に誇ったスポーツカー。

13

スポーツカーというと"高回転で高出力型なエンジンをぶん回してパワーを引き出す"、なんてイメージがありますが、スープラは低回転域からトルクもパワーも発揮しているので、全体にとても扱いやすいものになっています。 なお、3代目モデルで、日本においても車名が「スープラ」に変更され、「TOYOTA 3000GT」というキャッチコピーを掲げて発売されました。 商品分類について. モータースポーツ歴は全日本ラリー選手権を中心に活動、1979年・マレーシアで日本人として初の海外ラリー優勝を飾るなど輝かしい成績を誇る。

20

5ターボRのみ、その他はTEMS付き、またはスタンダードショックアブソーバが装着されていた。 かなりツイスティだ。 これにより最高出力はそのままながら、最大トルクは46kg-mへ増加、燃費や扱いやすさも向上している。

20