いじめ の 重大 事態 の 調査 に関する ガイドライン。 「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」の遵守必要性

)を改定するとともに,別添3のとおり,新たに「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」(以下「重大事態ガイドライン」という。 被害児童は既に転校(転校を選択せざるをえなかった)しています。 市教委の説明では、事案発生当時、既にいじめ防止対策推進法が施行されており、学校として、「欠席日数が30日を経過した時点」「保護者から心身に重大な被害が生じたという訴えがあった時点」「保護者から重大事態に至ったとする申し立てがあった時点」など、それぞれの局面で重大事態として対応を開始する機はあったとする一方で、「関係児童が入学間もない1年生であることから、関係者の和解を図り、被害を受けたとされる児童の学校復帰に向けた取り組みに注力し、重大事態として対応することを躊躇せざるを得なかった」とします。

7

このことについては、「明らかに法のいじめに該当するが、いじめとして扱われていないものなどの具体例を示す」など、いじめの定義の明確化を図る。

18

学校の「いじめ防止基本方針」「いじめ対策組織」が日常的にかつ迅速・確実に機能するよう、研修の徹底をはじめ、市教委の学校に対する強い再指導を求めました。 )を策定しました。 サイトの閲覧には問題ありませんが、より快適にご利用いただくためにJavascriptをONにすることをお勧めします。

12

巻末の資料編では、「いじめ防止対策推進法」「不登校重大事態に係る調査の指針」なども載せている。

15

【解説】 本稿で紹介した問題点については、文部科学省が「客観説」を採っているのに対して、少なからぬ教育委員会や学校が「主観説」を採るという異常と言うべき状況が存在する。 重大事態の被害者や保護者の意向がまったく反映されないまま調査が進められたり、調査結果が適切に提供されないケースがあることから、重大事態の調査の進め方についてガイドラインを作成する。 【解説】 2011年10月11日に発生した大津中二いじめ自死事件契機として、2013年6月21日、参議院本会議で「いじめ防止対策推進法」が成立し、同月28日に公布され、同年9月28日に施行された。

16

学校内でのいじめの情報共有について、教職員の日常業務の膨大さから、いじめ対策組織への報告や参集して対応を検討する余裕がないという現状を指摘。

12

また、入学や進級等により児童生徒を取り巻く環境が大きく変わる4月は、児童生徒の人間関係の摩擦やストレスの増加に特段の配慮をする必要があります。 いじめ防止対策推進法が制定された経緯や同法の精神からすれば、「客観説」が妥当とされるべきことは明らかと思われるが、文部科学省も全てのケースにおいて、「客観説」での対応を教育委員会や学校に指導しているわけでもない。 市教委として、民事訴訟が想定される事態と受け止め対応方を検討する中、文科省の「民事訴訟といじめ防止対策推進法による調査は別のものである」との見解を踏まえ、当該いじめ事案が「重大事態である」と判断し「第三者委員会」による調査を行うことにしたとします。

16