アンガス ヤング。 アンガス・ヤングの音を再現するならこの機材!

スペインの「ロックFM」に対するインタヴューでアンガス・ヤングはマルコム・ヤングの弾いた音源を入れるのは現実的ではなかったと語っている。 この頃、バンド機材車のドライバーをしていたのがだった。 オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」との「Nutbush City Limits」を歌っている。

16

そんな影響もあって弟たちは音楽活動に夢中になった。 「最も売れたロックアルバム」として知られている。

12

そして最後にマネージャーから推薦されたのは「All Because Of You」のヒットで知られる、のバンドGeordieのブライアン・ジョンソンであった(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。 チリ公演 1996年10月 ツアー終了後、次作の制作を開始。

8

それに、彼は僕がギターをプレイするとすごく楽しんでた。

」と語っています。 彼は永遠に残る遺産を遺してくれたのです。 1973年に兄のと共にハード・ロック・バンド、を結成。

1

彼はずっとアルバムとして出そうとしていたんだよ」 『NME』とのインタヴューでアンガス・ヤングは最新作『パワーアップ』について「マルコムのための」アルバムだとして次のように続けている。 クイーンっていうのはものすごくいろんな影響を折衷するバンドだったからさ。 「一番きつかったのは衰退していくことなんだ。

身長157 cmの彼からすれば、SGの軽さ、ボディーの小ささ、ミディアムスケールでローポジションからハイポジションにかけての弾きやすさは当然の選択だったのかも。

学ぶことは永遠に終わらないし、それがいつも俺が楽しんでやっていることでもあるんだ。

5