Mgex ユニコーン。 MGEX 1/100 ユニコーンガンダム splash.stagecoachfestival.com 素組レビュー

グリーンに光らせた場合。 お手軽にセイラマスオ氏風作品を製作する方法がテーマで、 プロポーションの改修法やナイフで引くだけ筋彫り、ヘアアイロンでランナータグプラ板を量産する方法などを解説しています。

10

ここまで出来たら点灯テストをします。

肩は旧キットでは全く前後スイングがありませんでしたが、MGEXでは適度に前方にスイングできるようになっています。 ) 内部フレーム各部を簡単に。 展開はこれまでの経験が生きているのか非常にカッチリとしたもので 旧MGよりかなり変形しやすく感じました。

15

Eパックカートリッジを装備したら出来上がりです。

バックパック内部構造は旧キットとあまり変わらず。 内部からサイコフレームを引き出し、膝の装甲パーツの角度を変えて組付け。

10

脚部もやはり骨太になり接地が良くなったため立たせても安定しています。 もちろんバックパックや腕に各武器を取り付ける事ができます。 各部にモールドやフィンが造形されるなど、ディテールの情報量も少し増しています。

13

ビーム・マグナム• 胸のハッチはあまり開かなくなっていて自分の動かし方が悪いのかなと思いましたが 説明書でもこういった感じでした。

20

続いてユニコーンモードからデストロイモードへの変形を簡単に。 また可動範囲なども見直され、旧版よりかなり動かしやすくなっている印象です。

あらかじめ目を通していきます! 工具はこちらを使用します。 支柱は伸縮ができるため、内部に通すコードは長さに余裕を持たせて組み込む構造になっております。 ただ、内部にLEDシートが内蔵されているため可動が制限される箇所も多いので、破損には注意して動かす必要がありそうです。

7