ジョジョ ラビット ヨーキー。 ジョジョ・ラビット

舞台は第二次世界大戦下のドイツ。 『ジョジョ・ラビット』は間違いなく名作だと言っていい映画でした。 母親であるロージーから「 おなかで蝶々が舞う感じ、それが愛」と言われた通り、ジョジョのお腹にたくさんの蝶が羽ばたき、初めての恋が訪れる。

1

軍服を着ていたジョジョはアメリカ軍に連行された。 衣装デザイン賞 — メイズ・C・ルベオ• 伝えたい事は他の戦争映画と同じだけど、アプローチが斬新です。

1

人々の不満をたきつけ、ユダヤ人という敵を作り出して迫害し、ついには国を挙げて泥沼の戦争でヨーロッパ全土をはじめとする世界中を巻き込んでいった人物です。 攻めたアプローチを苦手とした方もいるようです。

12

ワイティティ監督は最後まで 愛を描いたコメディ映画として突っ走ったけど、やっぱりスカヨハお母さんの死というのはあまりにも重かったように思う。

ただ、そうはいっても戦争映画なので、実際のところどうなのよという意見もあり、見方によっては賛否両論になるかもしれません。

13

青少年組織・ヒトラーユーゲントの教官。 僕はまさしく、監督の言う 「理解していない人」だったんです。

20