花山院 の 出家 あらすじ。 大鏡「花山院の出家」原文と現代語訳・解説・問題|花山天皇の出家・花山院の退位

永観(えいくわん)二年甲申(きのえさる)八月二十八日、位につかせたまふ。

1

養和の飢饉 養和の頃に二年に渡って飢饉に見舞われて、世は酷い有様でした。 冷泉院の第一皇子であります。

第81代 (1180 - 1185)• 第22代• 世を捨てようとする目にこそ、いっそう美しく見える桜。 す=サ変動詞「す」の終止形、する。 第一幕 雪の夜、の日野左衛門の家で、左衛門の妻のお兼が左衛門と息子松若の帰りを待っていた。

8

には先代に引き続いてが着任したが、実権を握ったのは、帝の外舅と乳母子であった。 ですから天皇の出家はひそかに行われたのです。 作者からの敬意。

2

ただ今(この機会を)逃したら、(出家するのに)自然と支障も出て参るでしょう。 」は当該年に異説があることを示す。

当該本には原題簽が残されており、「花山院后諍(くはさんのゐんきさきあらそひ)/ふしつぼをんりやうせいめい神をろし・二条通/正本屋/九兵衛」という作品内容と書肆情報、加賀掾の九枚笹紋付き脇方簽には、「加賀掾/宇治加太夫/宇治伊太夫/宇治甚太夫/おやま人形 大蔵善右衛門」と、演者の情報が記されている。

9

狭い庵ですが一人で住むのに不自由はありません。 人と会わないから己の貧しさを恥じることもなく、食べ物は少ないですがこれは努力不足なので甘受するしかありません。

14

一方、唯円に対しては、恋もまた仏に「ゆるされた恋のみが成就する」のであり 、「恋を仏の御心に適うように浄めなくてはならない」と説く。 給へ=補助動詞四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。 日頃、(粟田殿は)よく、 「(私も出家して)お弟子として(おそばに)仕えましょう」 と約束されながら、だまし申し上げなさったのは恐ろしいことですよ。

16