回転 の 運動 方程式。 高校物理

繰り返しになりますが、斜面を下っている間は、 エネルギーの保存則より、もともと持っていた位置エネルギーは「並進運動のエネルギー」と「回転の運動エネルギー」に分配されて時間が進むという事になります。 トルク(: torque)とは、において、ある固定されたを中心にはたらく、回転軸の周りのである。

16

先ほどの説明と少し似たモデルを考えてみましょう。 .剛体の運動法則 このとき、剛体の体積要素の表面壁と、その体積要素を囲む外側の物体の壁面に現れる力は作用反作用の法則を満足しながら隣り合った成分要素と力を調整し合っている。

8

それを表すのが次の回転の方程式です。 力のモーメントを作用線の距離に比例するように定義することで、等しい力のモーメントに対して物体は同じように回転する。

物体に3つ以上の力が作用するとき、それらの力が釣り合う条件は、力のベクトル和とモーメントの和がそれぞれにゼロとなることである。

16

そこで, これまで慣れ親しんた 直交座標系と, その座標系に対して回転したような座標系を考え, この座標系の取り方の違いによって物体の 位置の記述がどう変わるかを確認しておこう. その力のことを 「遠心力」といいます。

18

(c)角加速度 一秒間(sec)当たりの速度(rad/sec)の増減が加速度です。 ラグランジュ方程式を用いた運動方程式の算出 今回は、システムの運動方程式を求めるために、システムのエネルギーを計算し、ラグランジュ方程式を用いることで運動方程式を算出したいと思います。 剛体とはその質量の分布を変えない硬い物体のことです。

3

Copyright C WaShimo All Rights Re. 元々はニュートン的な力学の分野において成立したが、ラグランジュ形式と同様に幅広い分野へと応用されている。

17

いずれにしても今仮定されている簡単化された状況では、動径方向の運動は時間的に変化しないが、回転速度の変化に伴って動径方向の力は変化する。 力の単位はN()だが、トルクの単位はN・m()である。 速度を、もう一回時間(sec)で割るので、角加速度の単位は、 rad/sec 2 で、「ラジアン・パー・セコンド二乗」と読みます。

5