ねえ その 声 が 好き だっ た。 さようなら、あふろおねえさん

「ほむちゃん、どしたの?」 「え!?な、なんでもないわ」 「そう?それならいいけど、なんか悩んでそうだったからさ」 そう言ったけど、ほむちゃんの表情は晴れない。

1

ねえ、直接的なことは何も言ってくれなかったけど、 仲間としての好きとは違うって思っていいんだよね・・・? うん、いのがお見舞いに来てくれたら話をしよう。

2

こんなにどストレートに好意を伝えられるとは思っていなかった。 あとはそれを文章に起こすだけだ。

13

「ナルト・・・?」 「あー、ごめん!ごめんなさい!」 「何が?」 「先に謝っておいたの!」 「先?どうして?」 「オレはスケベです!」 「うん、知ってるけど?」 「だから、本当はサクラちゃんに触れたくて触れたくてたまんなかったけど 必死で我慢してたの!」 「え?だって、前に私が手を握った時、あんた逃げようとしたじゃない。 何も出来ない自分がもどかしい。 私はそのせりふをちゃんと聞いていなかった。

9

「さわれないってばよ。

16

もうこれ以上できませんでした。

7

オレってすごい。 挑むようにナルトの顔を見上げる。

10