ガラシャ 意味。 信仰に慰めを見出した「細川ガラシャ」の人生を歴女が解説!嫉妬深い夫の束縛・モラハラ・パワハラが彼女をキリスト教への道に…?

ガラシャは家老の少斎に 「わたしを斬ってください」頼み、気高く散るのです。

15

ガラシャは侍女の いと(洗礼名マリア)の影響でキリシタンになったとも、宣教師とガラシャのとりつぎをしてた侍女のほうが影響をうけてキリシタンになったともいわれてるけど、どっちにしてもガラシャはマリアから洗礼をうけたらしくて、この侍女の洗礼名とガラシャの洗礼名にはつながりがあるんじゃないのかな。 戦国時代の辞世には偽作が多い。

(1977年-1978年 )第16話 この子らに愛を 聖母細川ガラシャ ガラシャを主題とした祭 [ ]• 散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ と、覚悟が垣間見える辞世の句を残し、37歳でこの世を去りました。 俄然、興味津々な彼女ですが、女侍たちの帰りが遅いことから彼女の外出もバレて、教会に迎えが来ます。

4

家臣から報告を受けたガラシャは、屋敷内の女性を全員集め、それぞれに任務をあたえる形で外へと逃がしました。

1

意味は「人も花も、散り時を知っているからこそ美しい。 これは、屋敷を留守にする時、常に命じていることで、今回も同じように言い渡し出兵して行ったのです。 子に、(おちょう:正室)、、、、(たら:室)などがいる。

おわりに 細川ガラシャはその壮絶な最期と美しい意味の「辞世の句」で、後世の人々の心を打ちます。

13