電気 ガス 水道 解約。 引っ越すときの電気・水道・ガスの解約・契約手続きをまとめてみた

中国・四国• そんなときに便利なのが、 「まるごとスイッチ」というサービスです。 電気・ガス・水道などの手続きは引っ越し日さえ決まれば、電話一本で簡単に済ませられたりインターネットでの手続きも簡単にできるところも増えているので、できるだけ先に済ませておくようにします。

14

ちなみに、既存の電力会社(東京電力・関西電力・中部電力など)を利用する場合、入居したタイミングで部屋のブレーカーを上げれば、すぐに電気が使えることが多いです。 長期留守中に、コンセントとプラグの間にホコリがたまることがあるので、対策が必要です。 引っ越しの一週間くらい前にします。

11

新居でガスを使うには、あなた立ち会いのもと開栓作業をしてもらわなければいけない このようなことを知っておいてください。 ・すぐに決まらない場合は、 使用停止(中止)のお手続きを。

20

工事の日程は電話したらすぐ、とはいきませんのでなるべく早く電気屋さんに電話します。

9

ガスの移転手続きは、にて詳しく紹介しています。 ) 【電気】 引っ越しをする際はできる限りお早めに,ご利用になっている各電力会社へご連絡ください。

目次【本記事の内容】 1.公共料金の手続きは、「解約」または「名義変更」が基本! お亡くなりになられた方が電気・ガス・水道などの契約者であった場合、「 解約」または「名義変更」のお手続きが必要となります。

5

日本には50ヘルツ(㎐)地域と60㎐の地域があります。 不在と聞いていた人の家の庭に人影があったり、家の中に電気が付いていたりすれば、近所の人が空き巣に気付いて通報してくれるかもしれません。

12

ガス会社はすぐに連絡すれば、すぐ対応というわけではありません、連絡後平均2日~3日後の対応になりますので、傷チェックの内覧会の時の連絡がベストだという理由の1つになります。 後日、ガス会社が最終的なガスの使用量を確認して、新しい住所まで支払い明細が送られてきます ガスの契約方法(目安:1ヶ月~1ヶ月半前)• ガスの使用開始にあたっては、開栓作業とガス機器の点検のため、作業員の立会いが必要です。

12

転出届・転入届・転居届の提出(住民票の移動) 引越しの際は、自治体への届け出による住民票の移動が必要です。

1