上野 東京 ライン 運用。 東海道線運用調べTai!

ただし日中に限っての設定になっており、大抵では9時台から15時台に1時間に1本の割合での設定になっている。 代走方法も変わっており、基本と付属で所属区が異なることがある。 上野東京ラインへの乗り入れを行っている現行運用に対応した内容に変更。

3

高崎線系統:8、9 なお、東海道線横浜方面からの上野止まりの列車はこのあとの回送先で宇都宮線系統か高崎線系統かが決まる。 湘南新宿ラインは営業上品川駅を経由したものと扱われるため、通常の乗車券で赤羽駅で乗り換えて品川駅以西に向かえるのは新橋駅以北発着の場合に限られる。

10

• 下りは多少の時間差はあるものの22時台まで(品川駅基準で)「快速電車 、ときわ、中距離列車、快速電車 、ひたち(21・22時台はときわ)、中距離列車」というパターンになっている。 については停車も検討されていたが、利用者数予測と費用(駅を設置した場合90億円余計に掛かる)の観点から、駅の設置は見送ることとなった。

北陸新幹線 (長野経由)• 長時間連続する作業を避ける。 最長は267. この間を効率的に移動したい人には新幹線と同じ所要時間で追加料金が要らないというのはかなりのメリットと言えるでしょう。 かつては上野発仙台行きだった列車も、時が経ち品川発仙台行きに様変わり、列車も 元祖タキシードボディの651系から最新のE657系に置き換えられました。

4

なお、常磐線から千代田線へ利用する利用客が1割程度減り減少傾向となっていた。 普通(全区間普通。

その逆もあります。 1973年に定期列車が、1983年に貨物含む全列車が廃止されました。

5

上記のとおり、「湘南新宿ラインの高崎線~東海道線系統」で運用されるのは国府津所属の車両です。 遷移先に対して当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。 、JR東日本 2016年3月期 決算説明会解説付資料• 宇都宮線・高崎線~東海道線系統 運行範囲としては、宇都宮線~東海道線では黒磯~沼津・伊東間、高崎線~東海道線では前橋~沼津・伊東間とそれぞれなっており、距離的に実に250㎞から300㎞の広範囲に亘っている。

運行形態 [ ] 運転系統図 運行系統としては、宇都宮線・高崎線 - 東海道線の系統と常磐線 - 品川駅の系統が設定されている。

15