政治 広告 の 全面 禁止 を 発表 した sns は。 Twitterの政治広告規制スタート。グーグルも規制を発表。だが、トランプ氏のフェイク内容は防げず

特に批判されたFacebookは、第三者によるファクトチェックなどで対処するとしたが、政治広告は「人々に多様な情報を見せ、判断してもらうため」にファクトチェックの対象外にするとしている。 IRAが、2015年から2017年までにに。

13

2020年のアメリカ大統領選で再選を目指す現職トランプ陣営は、この決定を猛烈に批判している。 フェイスブックは政治広告を継続 一方で政治広告を続ける SNS もあります。 選挙資金法をつかさどる米連邦選挙委員会の方が、こうした問題に対処する機関としてふさわしい。

11

ツイッターは最近、国民の利害に関わる人物という理由で投稿は許されるが内容が自社ルールに反する公的な人物の投稿について、警告を表示すると発表した。

ウォレン氏は10月、わざとフェイクの政治広告を。

また、米中間選挙に出馬する候補者のプロフィールとツイートに、5月30日から「選挙ラベル」を表示する。

侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• 作家の一田和樹氏によるこの論文の紹介では、2014年12月8日から30日の間のツイートの中から政治に関係あると考えられるキーワードを含むツイート約54万件を抽出して分析したところ、そのうち、単純なは30万件、それ以外の類似ツイートは14万件存在したことで、これらがボットによるものでは、という主張です。

9

個人情報の取り扱いで批判を浴び続けてきた同社は、どう変わろうとしているのでしょうか。 外国政府によるネットを通じての日本への選挙介入について、リスクが、対策について提言をしています。

8