妙高 青少年 自然 の 家。 国立青少年自然の家

施設の対応状況を確認する際に、ご参照ください。 空き部屋状況をご覧になり、電話でお問い合わせ下さい。

4

春には色鮮やかな草花の芽吹きが始まり、山裾から次第に緑に包まれる初夏、山頂から順次鮮やかな紅葉に染まる秋と、四季折々の豊かな自然にふれることができます。

参加は無料で、どなたでも自由に参加できます。 妙高の山々における山岳信仰は、奈良・平安の昔からの伝統を今日に伝えており、中でも関山神社の「仮山伏の棒遣い」は、若者が大人として認められる地域民の通過儀礼とし奉納するものであり、人々の暮らしと密接なものとなっています。

18

(平成13年) - 14か所の国立が一括して 独立行政法人国立少年自然の家として、国の組織から分離する。

20

基本的生活習慣の形成を図る。

捨てられた食べ物を求めて、本来いないはずの野生動物が入り込み、生態系を壊す恐れがあります。 また、世界的な豪雪地帯でもあり、その豊富な雪を利用した雪上活動など、四季を通じて様々な活動を提供しています。 標高1000m前後の斑尾山の中腹には従来から多くの遊歩道(登山道)がありましたが、個々に独立し、ペンション街からは車道を通るなど不便でした。

国立妙高青少年自然の家の自然条件 世界的な豪雪地域であり、例年2月から3月にかけて積雪3メートル程度を記録します。 ・成人または青年の引率責任者を定めていること。 自然に親しみ、自然を大切にする心や、自然の美しいもの、崇高なものに感動する心など柔らかな感性を培う。

6