お 食い初め 作法。 お食い初め しきたりについて

お食い初めはどこで行う? お食い初めは自宅で行う?レストランで行う? お食い初めは自宅で行う方が多いですが、ここでなければいけないことはありません。 高杯(たかつき) あまり馴染みがないかもしれませんが、お食い初めでは歯固め石や梅干しを置く食器です。

6

お食い初め用の漆器を準備するのが昔からのならわしになっています。

17

一連の儀式を終えた後、大人たちが食事を始めます。 食べさせる順番は? 食べさせるといっても、とうぜん赤ちゃんはまだ食べることはできません。

16

その歴史は平安時代に遡ると言われ、宮中儀式として存在したのだとか。 それらを参考にして、お店を選べますよ。

12

このお膳は母方の実家から贈られる事が一般的ですが、家紋は婚家(嫁ぎ先)のものをいれることが多いようです。 焼き魚用の食器を別に用意しない場合に使用します。 この辺りは臨機応変に、赤ちゃんが過ごしやすい服装に着替えをさせてあげると良いでしょう。

1

歯固めの石はどこで手に入れるの? お食い初めで使う「歯がための石」は、丈夫な歯が生えることを願うために用意しお膳に乗せる儀式用の石です。 スタジオで写真を撮る 記念になるものだから「写真もしっかり残したい!」という方のために、 お食い初めプランとして写真を撮ってくれるスタジオもあります。 各地域のならわしがあるので、その地域について詳しい家族や親戚に確認しましょう。

16

お食い初めセットは、鯛の姿焼きやお吸い物などの料理から、歯固め石などの道具までが一度に揃うセット。 膾(なます)、胡麻和え、酢の物などの 冷たい料理を盛り付けます。

19