オルセー 美術館 展。 オルセー美術館 - オルセーといえば印象派。印象派をはじめ近代の名作・傑作が勢揃いの美術館

ドラクロワ『虎狩り』()• Carlos Casagemas と元恋人を描いた作品、La Vie。

1

写真というライバルが登場しても、芸術作品としての肖像画は絵画市場での人気が衰えることもありませんでした。 シャルル・コルディエ『バーヌース(フードのある外套)を着たのアラブ人』()• ()『聖の殉教』(頃)• 毎年2千点から3千点にも及ぶサロン出品作のおよそ4 分の1を肖像画が占め、モデルを同定し批評することが人々の一番の関心事となり、その評価が画家としての成功をも左右しました。

『店で喫煙するトルコ人の商人』()• ルノワール『』()• ()『イルカに乗る』()• 『タリスマン(護符)』()• ジェームズ・ティソ『ミラモン侯爵夫妻とその子供たち』()• 5s infinite linear;-webkit-animation:spinAround. いかにもアカデミックアートらしい作品。 ()『アベルの死』()• ミレー『羊飼いの少女』()• アルベール・バルトロメ『の記念碑』(頃)• 『ローマのペスト』()• からやって来ています。 ルドン「ドムシー男爵の城館の食堂壁画」15枚(-)• アールヌーヴォーの家具 19世紀末から20世紀初頭の平和なベルエポック期に流行した丸みを帯びた華やかなアールヌーヴォーの家具の展示です。

『弁護士(叔父ドミニク)』()• 印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。 アルベール=エルネスト・カリエ=ベルーズ『バッカスの巫女(バッカンテ)』()• この作品は翌年のサロンに出品されましたが、落選となりました。

セザンヌ『の肖像』()• モロー『出現』• 初期と言っても彼は40を過ぎてから、本格的に絵を始めた晩成タイプだった。

()『深淵』()• ドガ『中世の戦争の場面』(頃)• スーラ『サーカス』()• 9章 「円熟期のマネ」 サロンを通じて自作を世に認めさせることにこだわっていたマネは、モネやドガからの再三にわたる誘いにもかかわらず、1874年から断続的に開催されていた印象派展に参加することは一度もありませんでした。 ()『の死』()• セザンヌ『の誘惑』(頃)• カリエール『の肖像』()• 『ジャガイモの収穫』()• マクシミリアン・リュス『シャルルロワの工場』()• 今回の特別展では、そんな20世紀初頭の若い頃のピカソに焦点が当てられ、その時代の300点もの作品が展示されています。

17

その後、当時のパリで行われていたのが、アフリカの文化を紹介するエキゾチックな展覧会です。

16

ドガ『青い踊り子たち』(頃)• ヴュイヤールやボナール、セザンヌ、モネ、マネ、珍しいアーティストとしては、モンドリアンなどの作品があります。 ゴーギャン『 ()』• なお、旧印象派美術館()の収蔵品はすべてオルセーに引き継がれている。

17