ボート レース 唐津 リプレイ。 ボートレースからつ業務関係者の新型コロナウイルス感染確認について/唐津市

しかし、正直なところ、稲田の前検気配は今ひとつだった。 徳山では09年にG1中国地区選で優勝した実績も持つだけに、今節はV候補筆頭格といって間違いないだろう。

19

11月の当地戦「楽天銀行杯争奪戦」で優勝を飾ったばかりで、今節は徳山2節連続Vがかかる。 お好みレーサー出場のレース場は で表示されます。 A1勢以外にもSGタイトルホルダーの田中信一郎(大阪)と中村有裕(滋賀)や、徳山V歴のある池本輝明(広島)、宮地秀祈(福岡)、別府昌樹(広島)、齊藤優(徳島)など見逃せない選手が揃っている。

出場選手は前年覇者、今年のSG、PGI優勝者、3daysバトルトーナメント優勝者に、ダービーまでのSG、PGIの選出基準に基づく選出上位15名の中の勝率上位者(1〜9月)を加えた48人のトップレーサー達が競演する。

13

ターンの切れに迫力が加わった藤山雅弘(大阪)、不振から脱した武田光史(福井)にも警戒が必要。 A1勢からは丸尾義孝(徳島)、岡田憲行(大阪)、川原正明(福井)、繁野谷圭介(大阪)、吉村正明(山口)、森定晃史(岡山)、渡邊雄一郎(大阪)、山口剛(広島)、岡崎恭裕(福岡)、里岡右貴(福岡)、岡村慶太(福岡)が登場。

4

今年徳山は5節走って4優出3Vという抜群の成績。

13

記録継続に向けて、必勝の構えで乗り込んでくる。 一方の宇佐見は(前記した稲田とともに)今節は「江戸川連覇」が懸かるシリーズ。 その中から厳選された「6名」によって争われる初日メインの「江戸川選抜戦」は、ハイレベルな面々が集結した。

20

さて、今シリーズは計「10名」のA1級が参戦。 (データはすべて11月18日現在。