タリム 盆地。 西ウイグル王国

西ウイグルはオアシス都市文化を受容して定住化し、農耕だけでなく東西貿易の仲介によって繁栄し、シャーマニズム・マニ教のほか景教・仏教も行なわれ、印欧語族の原住民と混在してパミール以東のトルキスタン化を進めた。 The city of Lou-lan itself was also a mystery however. Gronke)が刊行した、新疆のヤールカンドで発見されたカラハン王朝文書は、7件のアラブ文字契約書、5件のアラブ文字のチュルク語文書、7件の回鶻文字突厥語文書があり、年代は11~12世紀である。

17

疏勒・于闐に挟まれた小国で、には勢力を強めて南道の大国となったものの、内紛と于闐との抗争での西征の頃には衰えていた。 Through these theories, Hedin became to propose a daring hypothesis that the Tarim River changed its course to and fro between southbound and northbound. 西突厥の正統として支持者が多く、630年に莫賀咄を敗死させて大可汗を称したが、を伐って大敗した後は狭量を忌まれて輿望を失い、離叛した諸部に敗れて放逐された。 現在、こうした文字は現代ウイグル文字の標準的な字体 図14下段左)になっており、中国語のピンイン 図14上段)、回鶻式モンゴル文字(図14中段左)、チベット文字(図14中段右)、チワン語のピンイン(図14下段右)と共に、中国の紙幣に印刷されている。

6

第2段階は「最盛期」。 The princess had a smile, never having disappeared over the several thousand years. 「さまよえる湖」として知られるロプノールは、タリム川の末端湖のひとつであり、この砂漠の北東端にありました。 For example, we can see from the documents various issues that the Kingdom of Lou-lan confronted, such as difficulties in tax collection and the threat of invaders. 卒業後は中国文物研究所に配属され、助理研究員、副研究員を歴任。

7

Lou-lan was a place with a long history. 西域文明の発展を見渡すと、大体三つの段階に分けることができる。

8

If water did not reach Lou-lan and the lake dried up, it would have been impossible to maintain the city. 中国の僧侶が西方へ仏法を求めて訪れたのは、最初はインド本土ではなく于闐であった。 As the team proceeded, they encountered several ruins and also found traces of human life. 現在は中国・新疆ウイグル自治区となっています。

3

の崩壊後はチャガタイ家が拠って独立した哈密国となり、1404年に明朝に帰属して哈密衛が設けられた。 旧名は楼蘭。

1