ジェイコブ ブレイク。 「バスケットより大切なものがある」。黒人男性銃撃に抗議して、NBAの複数チームが試合をボイコット

ケノーシャ郡地区検察局の刑事告発状によるとブレイク氏は5月3日にケノーシャにある元交際相手の家に押し入って、性的暴行を加え、車とデビットカードを盗んで、2つのATMで合計1000ドルを下ろした罪に問われている。 を発つ際、以下のように述べた。 公民権運動の指導者であり、1968年のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師殺害の時には演説を行ったとも。

3

発砲の前後に何が起きたのか、現時点で詳細は明らかになっていない。

5

ブレイクさんは23日に、車に乗り込もうとした際に警察官に背中を7回撃たれた。

16

トランプ大統領は人種差別への抗議活動中に発生した破壊行為の現実をメディアと共に視察し、警察管との円卓会議を開催することで、 強力な法と秩序の必要性をあらためて説き、再選キャンペーンに結び付けたいと考えている。 ブレークは逮捕状が出ている犯罪人であり、被害者からの通報を受けて彼を捕まえに警官が向かったが、彼は素直に従わず、最終手段として警官が発砲したということではないだろうか。

11

ケノーシャで黒人男性警察に撃たれる 8月23日、アメリカ・ウィスコンシン州ケノーシャで、29歳の黒人男性・ジェイコブ・ブレイクさんが警察に銃で撃たれた。 今回、トランプ大統領は、 人種差別抗議運動の最新ホットスポットへの弾丸ツアーを敢行。 (2)しかも抗議行動鎮圧に取り組んでいた警官達は カイルや同様の装備をした他の一般人(どうしてそういう人達がいるの?)に対して感謝の意を表明していたという目撃者の証言もある。

13

医師によると、ブレイクさんは一命は取り留めたものの、銃撃が原因でし、「奇跡が起きない限り歩けることはない」という。

10

グレースルーテル教会でバイデン氏がスピーチを始めた時、彼を支持する有権者と Black Lives Matter運動の抗議者たちが集まり、トランプ大統領の撤退を求めていた。

19

トランプ大統領は「法と秩序」「経済優先」を前面に押し出している。