エクセル 〇 の 数 を 数える。 セル数をカウントする関数の使い方(COUNT関数,FREQUENCY関数):Excel関数

セル数をカウントする関数の使い方 COUNT関数,FREQUENCY関数 :Excel関数• 次に、指定範囲のセル【B2:B7】を入力します。 サンプルの中にある津村さんが参加できなくなったと仮定し、津村さんの横にある〇をキーボードのDeleteキーで削除して、自動的に変更が反映されるかを確認してみましょう。

C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。

10

数式が入力されているセル範囲でデータ件数を数える時、式の結果として空白になっているセルはカウントから除外したい、という時はCOUNT関数を使いましょう。 COUNTA関数は指定した範囲で数値だろうが文字列だろうが、何かしらデータが入力されているセルの数を数えるのに対して、 COUNT関数は「数値が入ったセルの数のみカウントする」関数です。

12

(挿入-標準モジュール) なお、一般のブックの標準モジュールのユーザー定義関数に、Public キーワードをつけたところで、グローバル関数になるわけではありませんので、もしその点に不安のある方は、マニュアル等で、確認されたほうがよいかもしれませんね。 今回はC5セルからC8セルまでの間を数えたいのでこのように記述します。

3)すると設定画面が表示されるため、 「設定」タブの入力値の種類から「リスト」を選択します。

3

区間のセル数 FREQUENC関数 の使い方も併せて解説しています。

5

次に検索条件を入力しますが、まずは範囲の指定の終了を表わす【,】を入力します。 平均点を求めなさい。

16

サンプルのブックで、セル B6 をクリックします。 「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして完了! お疲れ様でした。

問題3• 逆に、加藤さんは総会は欠席だけど懇親会には来られるようです。 問題2の解答例• 具体的にはフィルター横の矢印をクリックし、山田さんのみにチェックを入れるといいです。 なお、空白と「0」は区別されるので、欠席の場合のようにカウントしない場合には空白か欠席と文字列を入力します。

15